blog ブログ

【RELEASE】の記事一覧

Output!artput! -"柴又"を表現したアートルーム特別公開-

2018.05.12【EVENT】【RELEASE

「アウトプット アートプット」内覧会案内
コンニチハ! スタッフのTANIです。

外はすっかり初夏のように暑く、青々とした木が目立ってきましたね:)
昔から行われていた打ち水はあんまり意味がないらしいです。。。


■アートルーム制作中!

現在、FU-TENでは先日行ったクラウドファンディングのアートルーム制作作業が行われています。
アーティストの方々にお部屋に入っていただき、真っ白なお部屋が少しづつ彩られていく姿を見ていると、とてもワクワクします。
制作風景や様子などはFU-TENのFacebook、Instagram、Twitterにて随時お知らせしていますので、ぜひご覧ください。


■アートルーム全室公開の展示会を開催決定!

そして!そのアートルームを皆様にお披露目する展示会を開催することに決まりました!

さらに今回、展示会のテーマがあるんです。


そのテーマが、
output! artput!(アウトプット!アートプット!)

です!

「アウトプット アートプット」内覧会案内のチラシ
【output! artput! アウトプット!アートプット!のフライヤー】

 

output! artput! は、14名のアーティストが手がけた”柴又”を表現したアートルームの完成のお披露目となる展示会です。

14室を全てご覧いただけるのは6月8日~6月10日のみとなります!

この期間以降は、実際にアートルームでご宿泊してご覧いただけるようになります。

実際にアートルームをご覧になっていただき、ぜひご宿泊までしていただけたらと思います!


この機会にぜひ、柴又とFU-TENにお越しください!


スタッフ一同お待ちしております;)


■「output! artput!(アウトプット!アートプット!)」 イベント詳細

日時:2018年6月8日(金) / 6月9日(土) / 6月10日(日)11:00~16:00

場所:Shibamata FU-TEN Bed and Local 〒125-0052 東京都葛飾区柴又7-12-19

※ご予約などは必要ありませんので、お気軽にお越しください!


【アーティスト一覧】
池平 徹兵 /庄島 歩音 /平山 昌尚 /加藤 美紀
松岡 マサタカ/伊藤 桂司 /大川 友希 /Keeenue/尾花 賢一/リカルド・ゴンザレス
田中 健太郎/中島 麦/キム テボン/福井 伸実
(敬称略・順不同)


【アーティストプロデュース】
hpgrp GALLERY  (http://hpgrpgallery.com)
ジャンルや固定概念に捕らわれず、様々な表現方法で独自の世界を創りだす作家を紹介。「ギャラリー」という敷居は低く、「アート」の質は高く、ファッションや音楽を楽しむようにアートに触れる機会を提供。青参道アートフェアやLUMINE meets ART AWARDの運営などを手掛ける。

-------------
ABOUT
-------------
柴又アートルームプロジェクトは、14人のアーティストの力を借りて、まちの見え方が変わる、思わず誰かにシェアしたくなる、そんな “特別な体験”ができるようなアートを取り入れた客室をつくり、そして柴又の新たな魅力を発信するものです。

多世代の人が柴又の町を歩き、人々の温かさや人間味に触れ、素敵な思い出を持ち帰り、また来たくなるような。柴又の賑わいがずっと続くような。そんな新しい柴又の景色を私たちは目指しています。



↓↓ご予約はこちらから↓↓

https://shibamatafuten.rwiths.net/r-withs/tfi0010a.do

 

FU-TEN Instagram (@shibamatafuten)
https://www.instagram.com/shibamatafuten/

FU-TEN Twitter (@shubamataFU_TEN)
https://twitter.com/ShibamataFU_TEN

FU-TEN Facebookページ
https://www.facebook.com/shibamatafuten/

【新プロジェクト】FU-TENにアートルームを作ります!

2018.01.20【RELEASE

こんにちは!スタッフの谷です!

 

私は過去にグラフィックデザイナーとして働いておりました。
現在でもこのFU-TENでスタッフとして働きながら、
細々とデザイン活動をしています。

 

実は、FU-TEN内にあるPOPなどは私が制作しております!

 

そんな私が今回びっくり仰天してしまった、
FU-TENの新プロジェクトをご紹介します!

 

その名も...

 

柴又をもっと多世代が集まる場所へ。
14人のアーティストと元職員寮を舞台に柴又の魅力を伝える宿をつくる
アートルーム制作プロジェクト

 

一体なんのこっちゃ!

 

だと思いますのでご説明いたします。
まずはこちらの映像をご覧ください。

この度、発足したこのプロジェクトは
現在FU-TENでまだ未改装である4階の客室を
14人の国内外のアーティストに彼ら自身のフィルターを通し、
「柴又を表現した部屋」を作ってもらう。
というものです。

 

■なぜこのようなことをするのか■

それは、多くの世代の方に柴又へ訪れるきっかけを作り、
新たな柴又を感じてもらいたい。

 

このような願いを込めています。

FU-TENは地域の方々と柴又へ訪れる方々との
共通点を作りたいと考えています。

 

FU-TENをきっかけに様々な出会いや新たな柴又を発見して
いただけることが使命だと思っています。

そのきっかけの第一弾として、本プロジェクトは発足しました。

 

そして、本プロジェクトは「クラウドファンディング」を利用し、
皆さまからご支援を募っています。

 

ご支援いただいた資金は、4階客室のリノベーションを行う際の
『アーティストの制作費・謝礼』として使わせていただきます。

 

■なぜ支援を募るのか■

現状、4階を宿としてリノベーションする資金は確保しております。
しかしアーティストに依頼をし、柴又の魅力を伝える部屋をつくるための資金が不足しています。
そのため皆さまからご支援を募る次第となりました。

 

■今後のプロジェクトについて■

今後、本プロジェクトについてはFU-TENのSNSやブログなどで
引き続きお伝えしていきますので、ぜひチェックしてください!

 

また、参加していただくアーティストの方を1人づつ
ピックアップしてご紹介していきます!

 

そしてShibamata FU-TEN Bed and Localにも遊びにいらしてください☆

↓↓ご予約はこちらから↓↓

https://shibamatafuten.rwiths.net/r-withs/tfi0010a.do

 

FU-TEN Instagram (@shibamatafuten)
https://www.instagram.com/shibamatafuten/?hl=ja

FU-TEN Twitter (@shubamataFU_TEN)
https://twitter.com/ShibamataFU_TEN

FU-TEN Facebookページ
https://www.facebook.com/shibamatafuten/

国内外のアーティストが客室に「柴又」を表現。柴又の新たな魅力の発信拠点へ

2017.12.07【RELEASE


地域の未活用不動産を活かし、宿泊施設を運営している株式会社R.project(千葉県安房郡鋸南町/代表取締役 丹埜倫)は、旧葛飾区の柴又寮をリノベーションした宿泊施設を葛飾区柴又に今年3月にオープンしました。

その第2弾として、手つかずのまま残しておいた最上階フロアを国内外のアーティストと一緒にリノベーションを行い、客室丸ごとアーティスルームに致します。

昭和の下町風情が今も色濃く残っている町、葛飾柴又。

11月には重要文化的景観エリアとして文化審議会より文部科学省へも答申されています。

その柴又唯一の宿として、今年3月にオープンした「Shibamata FU-TEN Bed and Local」は、単なる宿ではなく、柴又の情報発信拠点を目指し、運営を行ってきました。

今回、さらに多くの方に知ってもらう為、14人のアーティストに力を借りて、客室に「柴又」を表現します。

FU-TENでの滞在を通じて、町に新たな発見が生まれるような、そんな体験を提供します。

アーティストプロデュースやアーティストは決まり次第、随時発表していきます。

このニュースに関するお問い合わせは下記にお願いします。

担当:金子愛(kaneko@rprojectjapan.com)

電話番号:03-6231-0760

<< 1 >>
1/1 ページ目