blog ブログ

Output!artput! -"柴又"を表現したアートルーム特別公開-

2018.05.12【EVENT】【RELEASE

「アウトプット アートプット」内覧会案内
コンニチハ! スタッフのTANIです。

外はすっかり初夏のように暑く、青々とした木が目立ってきましたね:)
昔から行われていた打ち水はあんまり意味がないらしいです。。。


■アートルーム制作中!

現在、FU-TENでは先日行ったクラウドファンディングのアートルーム制作作業が行われています。
アーティストの方々にお部屋に入っていただき、真っ白なお部屋が少しづつ彩られていく姿を見ていると、とてもワクワクします。
制作風景や様子などはFU-TENのFacebook、Instagram、Twitterにて随時お知らせしていますので、ぜひご覧ください。


■アートルーム全室公開の展示会を開催決定!

そして!そのアートルームを皆様にお披露目する展示会を開催することに決まりました!

さらに今回、展示会のテーマがあるんです。


そのテーマが、
output! artput!(アウトプット!アートプット!)

です!

「アウトプット アートプット」内覧会案内のチラシ
【output! artput! アウトプット!アートプット!のフライヤー】

 

output! artput! は、14名のアーティストが手がけた”柴又”を表現したアートルームの完成のお披露目となる展示会です。

14室を全てご覧いただけるのは6月8日~6月10日のみとなります!

この期間以降は、実際にアートルームでご宿泊してご覧いただけるようになります。

実際にアートルームをご覧になっていただき、ぜひご宿泊までしていただけたらと思います!


この機会にぜひ、柴又とFU-TENにお越しください!


スタッフ一同お待ちしております;)


■「output! artput!(アウトプット!アートプット!)」 イベント詳細

日時:2018年6月8日(金) / 6月9日(土) / 6月10日(日)11:00~16:00

場所:Shibamata FU-TEN Bed and Local 〒125-0052 東京都葛飾区柴又7-12-19

※ご予約などは必要ありませんので、お気軽にお越しください!


【アーティスト一覧】
池平 徹兵 /庄島 歩音 /平山 昌尚 /加藤 美紀
松岡 マサタカ/伊藤 桂司 /大川 友希 /Keeenue/尾花 賢一/リカルド・ゴンザレス
田中 健太郎/中島 麦/キム テボン/福井 伸実
(敬称略・順不同)


【アーティストプロデュース】
hpgrp GALLERY  (http://hpgrpgallery.com)
ジャンルや固定概念に捕らわれず、様々な表現方法で独自の世界を創りだす作家を紹介。「ギャラリー」という敷居は低く、「アート」の質は高く、ファッションや音楽を楽しむようにアートに触れる機会を提供。青参道アートフェアやLUMINE meets ART AWARDの運営などを手掛ける。

-------------
ABOUT
-------------
柴又アートルームプロジェクトは、14人のアーティストの力を借りて、まちの見え方が変わる、思わず誰かにシェアしたくなる、そんな “特別な体験”ができるようなアートを取り入れた客室をつくり、そして柴又の新たな魅力を発信するものです。

多世代の人が柴又の町を歩き、人々の温かさや人間味に触れ、素敵な思い出を持ち帰り、また来たくなるような。柴又の賑わいがずっと続くような。そんな新しい柴又の景色を私たちは目指しています。



↓↓ご予約はこちらから↓↓

https://shibamatafuten.rwiths.net/r-withs/tfi0010a.do

 

FU-TEN Instagram (@shibamatafuten)
https://www.instagram.com/shibamatafuten/

FU-TEN Twitter (@shubamataFU_TEN)
https://twitter.com/ShibamataFU_TEN

FU-TEN Facebookページ
https://www.facebook.com/shibamatafuten/

J:COM「ねづっちぃ散歩X」で取材されました!

2018.04.20【REPORT

こんばんは!スタッフのTANIです!

最近は暖かくなり、日中は薄着でも十分過ごせるようになってきましたね!
朝晩は冷え込む日もあるので、まだまだ上着は手放せないですね!

さて、今回は先日テレビの取材をしていただいたというご報告です!

東京の足立区・葛飾区・台東区・墨田区・江戸川区で放送されているJ:COMチャンネルの番組

「ねづっちぃ散歩X」

という番組でFU-TENを取材していただきました!



「ねづっちぃ散歩」のねづっちさんと奈良怜那さん、谷口 榮さんとFU-TENスタッフの集合写真

「ねづっちぃ散歩X」のナビゲーターを務める、ねづっちさんと奈良怜那さん、谷口 榮さんとFU-TENスタッフ


6月から4階アートルームのオープンがありますが、現在完成している一部の客室を見ていただきました!

その他にFU-TENについて詳しくお話させていただきました!

その後、お待ちかねのねづっちさんによる謎かけもしていただきました!

いったい、どんな謎かけをしたのかは放送をお楽しみに!

放送日は5月予定とのことです!

以下の地域にお住いの方で、地デジ11chのJ:COMチャンネルをご覧になれる方はぜひご覧ください!

【足立区・葛飾区】
月曜 8:30・火曜 19:30・水曜 23:00・木曜 12:30・金曜 18:00・土曜 22:00・日曜 18:00 ほか
【台東区・墨田区・江戸川区】
火曜 19:30 ほか


その他情報など、詳しくは「ねづっちぃ散歩X」のWebサイトをご覧ください。
https://c.myjcom.jp/jch/p/nedu/



ご覧いただけましたら、ぜひShibamata FU-TEN Bed and Localにも遊びに来てくださいね★

↓↓ご予約はこちらから↓↓

https://shibamatafuten.rwiths.net/r-withs/tfi0010a.do

 

FU-TEN Instagram (@shibamatafuten)
https://www.instagram.com/shibamatafuten/?hl=ja

FU-TEN Twitter (@shubamataFU_TEN)
https://twitter.com/ShibamataFU_TEN

FU-TEN Facebookページ
https://www.facebook.com/shibamatafuten/

 

柴又はアニメの聖地!?

2018.02.12

こんにちは!

スタッフのTANIです。


今回の記事は、アニメについてです。

葛飾区といったら、アニメで有名ですが...。

どうやら柴又もアニメの聖地だとか...。


調べてみると、アニメの中で柴又を舞台にしたシーンがあるようです。


■じょしらく

アニメ「じょしらく」のイメージ画像

(出典:アニメ「じょしらく」


「じょしらく」というアニメは、ギャグ漫画が原作だそうです。

一見、女性の落語の話かと思いきや、なんと楽屋内のみで繰り広げられるお話だそうです。


このアニメのオープニング映像に柴又帝釈天の参道が描かれているそうです。

こちらのブログで詳しく書いております。

TVアニメ『じょしらく』舞台探訪(聖地巡礼)@柴又編 - 舞台探訪総研 聖地巡礼ブログ


続いてはこちら。


■アイドルマスター シンデレラガールズ

アイドルマスター シンデレラガールズのロゴ画像

(出典:アニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ」


元々はソーシャルゲームから始まった「アイドルマスター」シリーズのもの。

このアニメの中の18話で、柴又に訪れる内容があるそうです。

詳しくはこちらのブログ記事をご覧ください。

アイドルマスター シンデレラガールズ 18話 「柴又」 舞台探訪(聖地巡礼)

とても再現度高く描かれていますね!

アニメから見る柴又というのも、また新鮮に感じられます。

まだまだ知らないことがたくさんです!

もっと知りたい!

↓↓宿泊のご予約はこちらから↓↓

https://shibamatafuten.rwiths.net/r-withs/tfi0010a.do

 

FU-TEN Instagram (@shibamatafuten)
https://www.instagram.com/shibamatafuten/?hl=ja

FU-TEN Twitter (@shubamataFU_TEN)
https://twitter.com/ShibamataFU_TEN

FU-TEN Facebookページ
https://www.facebook.com/shibamatafuten/

都心からのアクセス抜群!“柴又”の観光スポットおすすめ5選

2018.02.04

こんにちは!

フロントスタッフのケントです!

今回は『Retrip』というサイトで紹介されている

都心からのアクセス抜群!“柴又”の観光スポットおすすめ5選」(https://retrip.jp/articles/10284/)

を紹介します!

①柴又帝釈天題経寺

都心からのアクセス抜群!“柴又”の観光スポットおすすめ5選 2枚目の画像

柴又のシンボルである柴又帝釈天題経寺。こちらは柴又駅からにぎやかな参道を通りすぐの場所にあり、柴又に行ったら参道での買い物を楽しみつつお参りしましょう。
映画「男はつらいよ」の舞台になったり、漫画「こち亀」にも登場しますので、場面を思い出しながら散策するのもたのしいですよ。ちなみに夏目漱石の「彼岸過迄」を始め、多くの文芸作品にも登場しています。
所在地:東京都葛飾区柴又7-10-3  
電話:03-3657-2886

②矢切の渡し/柴又公園

都心からのアクセス抜群!“柴又”の観光スポットおすすめ5選 3枚目の画像

都内で唯一渡し船に乗れる場所として人気の観光スポットです。
のんびりとした手漕ぎの船を体験できますよ。
葛飾区から対岸の千葉県まで江戸川を渡る昔の交通手段を体験できる人気スポットです。
これからのシーズン、川風も気持ちよくゆったりとした気分に浸れるのではないでしょうか。

都心からのアクセス抜群!“柴又”の観光スポットおすすめ5選 4枚目の画像

東京都葛飾区柴又7-18先
TEL047-363-9357(矢切渡船) 
営業時間
夏季:毎日運航9:30~16:30頃
冬季:土日祝日、庚申の日のみ運航9:30~16:30頃
料金
大人片道200円、子ども片道100円
定休日 冬期平日

③参道を散策/柴又駅から帝釈天

都心からのアクセス抜群!“柴又”の観光スポットおすすめ5選 5枚目の画像

柴又駅を降りるとまず飛び込んでくるのは「男はつらいよ」の寅さん像。
柴又駅から帝釈天までの200メートルの参道は老舗も多く、人気の定番観光スポットなのでいつも活気があります。ゆっくりと地図を片手に歩きながら名物草団子をお土産に買ったり、民芸品などを見たりしてはいかがですか?年に6回の庚申の日には一層活気づきます。
住所
京成柴又駅下車すぐ京成柴又駅から帝釈天までの約200mの参道
TEL
03-3650-9876(一般社団法人葛飾区観光協会)

④寅さん記念館/柴又駅

寅さんたちの人情にふれたくなったら、いらっしゃい。

柴又駅から徒歩8分ほどの場所にある寅さん記念館。
実際に使われていたセットが移設されており、当時の雰囲気をそのまま体験することができます。寅さんグッズの販売もありますのでお土産にもいかがでしょうか?
柴又の大人気観光スポットです。
館内には寅さんが必ず帰ってくる場所である団子屋「くるまや」が忠実に再現されています。実際にセットで使用していたものを移設したものらしく、寅さんの世界観そのものを感じることができます。
開館時間 午前9時~午後5時(なるべく閉館30分前までにお入りください) 
休館日第3火曜日
入館料 一般 500円 
所在地 〒125-0052 葛飾区柴又6丁目22番19号
葛飾柴又寅さん記念館(葛飾区観光文化センター内) 
TEL:03-3657-3455

⑤山本亭/柴又駅


都心からのアクセス抜群!“柴又”の観光スポットおすすめ5選 7枚目の画像

寅さん記念館のすぐお隣にある山本亭は日本庭園の美しい西洋建築を取り入れた建物です。
寅さん記念館とのお得なセットチケットもありますのでぜひお得にご利用してみてくださいね。
建物内部を見学でき、庭園や茶室など当時のモダンな西洋建築の趣を感じながら喫茶では抹茶を飲むこともできます。
江戸川にも隣接していますので、川沿いの散策も合わせて楽しみたいですね。
入館料 一人一回100円
〒125-0052
葛飾区柴又6丁目22番19号
TEL:03-3657-3455
(山本亭に関するお問い合わせは寅さん記念館にて受けています。)
柴又周辺の人気観光スポットをご紹介いたしましたがいかがでしたか?
見どころたくさんの柴又周辺は下町情緒を体感する定番観光スポットです。
活気のある参道や静かな川沿いなど昔の情緒を今に残した都内の観光地として人気です。
駅から近い場所に名所が揃っているので、歩いての観光にぴったりです。
ぜひ下町情緒を味わいに柴又観光に出かけてみてはいかがですか?
そしてShibamata FU-TEN Bed and Localにも遊びにいらしてください☆

↓↓ご予約はこちらから↓↓

https://shibamatafuten.rwiths.net/r-withs/tfi0010a.do

 

FU-TEN Instagram (@shibamatafuten)
https://www.instagram.com/shibamatafuten/?hl=ja

FU-TEN Twitter (@shubamataFU_TEN)
https://twitter.com/ShibamataFU_TEN

FU-TEN Facebookページ
https://www.facebook.com/shibamatafuten/

庚申の日とは~柴又帝釈天について其の一~

2018.01.25

こんにちは~!

スタッフのミナです~。

*

今日も本当に寒いですね。明日も最低気温が氷点下だとかなんとか・・・( ;∀;)

春が恋しい今日この頃です( ;∀;)

*

さてさて、本日は我らが街のシンボル、ランドマークとも言うべき

柴又帝釈天

について少しお話させて頂きたいと思います。

*

〈先日の雪の日の帝釈天。美しすぎます〉

*

皆さんは、「庚申(こうしん)の日」をご存知ですか?

「庚申」とは干支の組み合わせの一つだそうです。

*

道教では60日に一度、人間の体内にいるとされている三尸(さんし)という虫が、

その人が寝静まった後に、日頃のその人の行いを神様に告げ口してしまうという伝えがあります。

この日を「庚申の日」といいます。

*

寝てしまうと三尸が神様の元へ行ってしまうので、人々はその日は寝ないで夜通しお経を読み上げて

一夜を過ごすようになったそうです。

そして江戸時代になると、ただお経を読んで過ごすだけでなく、人を集めて飲み食いをしながら

一夜を過ごすようになり、娯楽の一つとして楽しまれるようになったそうな・・・。

*

それが今でも引き継がれていて、庚申の日になると柴又で縁日が行われているのですね~!

ちなみに今年の初庚申の日は1月28日の日曜日なので、皆様もぜひ遊びにきて柴又の雰囲気を味わってみて下さいな~!

そしてShibamata FU-TEN Bed and Localにもぜひ遊びに来てくださいね★

↓↓ご予約はこちらから↓↓

https://shibamatafuten.rwiths.net/r-withs/tfi0010a.do

 

FU-TEN Instagram (@shibamatafuten)
https://www.instagram.com/shibamatafuten/?hl=ja

FU-TEN Twitter (@shubamataFU_TEN)
https://twitter.com/ShibamataFU_TEN

FU-TEN Facebookページ
https://www.facebook.com/shibamatafuten/

 

【新プロジェクト】FU-TENにアートルームを作ります!

2018.01.20【RELEASE

こんにちは!スタッフの谷です!

 

私は過去にグラフィックデザイナーとして働いておりました。
現在でもこのFU-TENでスタッフとして働きながら、
細々とデザイン活動をしています。

 

実は、FU-TEN内にあるPOPなどは私が制作しております!

 

そんな私が今回びっくり仰天してしまった、
FU-TENの新プロジェクトをご紹介します!

 

その名も...

 

柴又をもっと多世代が集まる場所へ。
14人のアーティストと元職員寮を舞台に柴又の魅力を伝える宿をつくる
アートルーム制作プロジェクト

 

一体なんのこっちゃ!

 

だと思いますのでご説明いたします。
まずはこちらの映像をご覧ください。

この度、発足したこのプロジェクトは
現在FU-TENでまだ未改装である4階の客室を
14人の国内外のアーティストに彼ら自身のフィルターを通し、
「柴又を表現した部屋」を作ってもらう。
というものです。

 

■なぜこのようなことをするのか■

それは、多くの世代の方に柴又へ訪れるきっかけを作り、
新たな柴又を感じてもらいたい。

 

このような願いを込めています。

FU-TENは地域の方々と柴又へ訪れる方々との
共通点を作りたいと考えています。

 

FU-TENをきっかけに様々な出会いや新たな柴又を発見して
いただけることが使命だと思っています。

そのきっかけの第一弾として、本プロジェクトは発足しました。

 

そして、本プロジェクトは「クラウドファンディング」を利用し、
皆さまからご支援を募っています。

 

ご支援いただいた資金は、4階客室のリノベーションを行う際の
『アーティストの制作費・謝礼』として使わせていただきます。

 

■なぜ支援を募るのか■

現状、4階を宿としてリノベーションする資金は確保しております。
しかしアーティストに依頼をし、柴又の魅力を伝える部屋をつくるための資金が不足しています。
そのため皆さまからご支援を募る次第となりました。

 

■今後のプロジェクトについて■

今後、本プロジェクトについてはFU-TENのSNSやブログなどで
引き続きお伝えしていきますので、ぜひチェックしてください!

 

また、参加していただくアーティストの方を1人づつ
ピックアップしてご紹介していきます!

 

そしてShibamata FU-TEN Bed and Localにも遊びにいらしてください☆

↓↓ご予約はこちらから↓↓

https://shibamatafuten.rwiths.net/r-withs/tfi0010a.do

 

FU-TEN Instagram (@shibamatafuten)
https://www.instagram.com/shibamatafuten/?hl=ja

FU-TEN Twitter (@shubamataFU_TEN)
https://twitter.com/ShibamataFU_TEN

FU-TEN Facebookページ
https://www.facebook.com/shibamatafuten/

本日も柴又日和

2018.01.15【DAILY

こんにちは!本日の担当はいおりです!

本日も朝から冷え込みますが、相変わらずのお天気!

柴又帝釈天前の通りをおさんぽするのにはちょうどいい

気候ですよ~!草団子を片手にぶらぶらしてみませんか?

(参道のお店で買ってきた出来立ての草団子たち)

お店屋さんによっては草団子が、あんこではなくて

きな粉で食べれちゃうお店屋さんもあるんですよ!

そんな中、本日お泊りにカナダから来ていだいた賑やかで

KAWAIIお客様たちをご紹介します!美男美女揃いです!

冬の間はスキーやスノーボードをしながら動画を作成し、

SNSにアップデート!いろんな人に観光地やおススメを

シェアしているそうですよ~('ω')すごい!たのしそう!

夏の間はちなみにキャンプやマウンテンバイクなどを使いこなして、

とにかくアウトドアな活動を年間通しておこなっているとのこと!!

今日はこれから長野にスキーにいかれるそうですよ~!

今日のフーテンもいろんな方がいらっしゃって、

とってもたのしいのんびり時間が流れています('ω')

ぜひ、皆さんもあそびにきてくださいね~!

いおり

柴又の猫ちゃん

2017.12.18

こんにちは~!

スタッフのミナです~。

最近ほんっとに寒いですね(><)

こんなに寒いのにマフラーしてくるの忘れて、帰路が今から絶望的です。

ささ!みなさま、柴又にはノラの猫ちゃんが結構いるのですがご存知でしょうか??

かなん亭さん付近や参道でよく見かけますが、実はFU-TENにもよく現れるんですよ~!

フロントで仕事してると、うちの玄関を堂々と横切って、お隣の住宅へ消えていく猫ちゃんがガラス越しに見えたり、

スタッフルームの換気をしようと窓を開けたら、裏庭で寛いでる猫ちゃんと目が合ったり、

キッチンで視線を感じると思って振り返ったら、ガラス超しにうちを覗いてたり・・・笑

こんなに出くわすのに、さすがはノラ猫、簡単には触らせてくれない、写真も撮らせてくれない・・・!!

そこで私は考えました。

「そうだ、盗撮しよう」

ある日、気配を感じたので、すぐさま猫のおやつを小皿にセットし、スマホを窓に立てかけ準備OK。

人間がいると中々近づいてこないので、その場から去り5分後に戻ってムービーを確認すると・・・

(そろぉ~ ニンゲンやっといなくなったにゃー的な?)

(鋭い眼光でちゅーるを見つめる猫さん)

(クンクン)

(ドアップ!の後頭部!!やっとありつけたね!)

(そして最後にFU-TENの中を覗くのも忘れない安定の猫さん)

(また来てやってもいいニャーばりのドヤ顔で締め!)

てな感じで、想像以上によく撮れてました~。

柴又に遊びにいらした際はぜひ、道端の猫ちゃんにも注目してみて下さい★

そしてShibamata FU-TEN Bed and Localにも遊びにいらして下さい★★

↓↓ご予約はこちらから↓↓

https://shibamatafuten.rwiths.net/r-withs/tfi0010a.do

FU-TEN Instagram (@shibamatafuten)
https://www.instagram.com/shibamatafuten/?hl=ja

FU-TEN Twitter (@shubamataFU_TEN)
https://twitter.com/ShibamataFU_TEN

FU-TEN Facebookページ
https://www.facebook.com/shibamatafuten/


国内外のアーティストが客室に「柴又」を表現。柴又の新たな魅力の発信拠点へ

2017.12.07【RELEASE


地域の未活用不動産を活かし、宿泊施設を運営している株式会社R.project(千葉県安房郡鋸南町/代表取締役 丹埜倫)は、旧葛飾区の柴又寮をリノベーションした宿泊施設を葛飾区柴又に今年3月にオープンしました。

その第2弾として、手つかずのまま残しておいた最上階フロアを国内外のアーティストと一緒にリノベーションを行い、客室丸ごとアーティスルームに致します。

昭和の下町風情が今も色濃く残っている町、葛飾柴又。

11月には重要文化的景観エリアとして文化審議会より文部科学省へも答申されています。

その柴又唯一の宿として、今年3月にオープンした「Shibamata FU-TEN Bed and Local」は、単なる宿ではなく、柴又の情報発信拠点を目指し、運営を行ってきました。

今回、さらに多くの方に知ってもらう為、14人のアーティストに力を借りて、客室に「柴又」を表現します。

FU-TENでの滞在を通じて、町に新たな発見が生まれるような、そんな体験を提供します。

アーティストプロデュースやアーティストは決まり次第、随時発表していきます。

このニュースに関するお問い合わせは下記にお願いします。

担当:金子愛(kaneko@rprojectjapan.com)

電話番号:03-6231-0760

月1開催!~ポットラックPARTY~

2017.12.02


こんばんは~!

スタッフのミナでっす(^o^)

とうとう12月になっちゃいましたね~!

月日が経つのが年々早く感じるようになってきて怖いです笑

外もどんどん寒さが増してきてるので、皆様、風邪を引かないように

どうぞ心身ともにご自愛下さい。

健康な身体と心で気持ちよく新年迎えましょ~!

さあさあ!今日は皆様に、FU-TENにて月1回開催しております、

「ポットラックパーティー」についてご紹介させて頂きます☆☆

まず、「ポットラック(potluck)」とはなんぞや、と思ったそこのあなた。

私も最初は意味を知りませんでしたが、マネージャーことあずさんに教えてもらったところ、

持ち寄り料理の食事会という意味だそうです。

しか~し!FU-TENで開催するポットラックパーティーはただの持ち寄りではございません。

毎回テーマに合わせてスタッフが料理をして、皆様をおもてなし致します♪

ちなみに9月は「タコ」がつく料理(タコスやたこ焼き等)、10月はピンチョスを作りました~。

そして、先月11月末のパーティーのテーマは「サンドイッチ」でした。

(フライパンからはねる油に眉を顰めるマネージャーことあずさん)

(この日のキッチン司令塔ことあいな)

(谷氏がせっせと作ってくれたFU-TENの旗を刺して、ハンバーガーサンドの出来上がり♪)

(もはやサンドイッチではないけど、ブルスケッタも作りました♪ つまみ食いしたら本気で怒られました(^q^)

イッコクライイイジャンネー)

・・・って感じで毎回一生懸命作ってます!

今回も美味しく楽しいパーティーでした~!

参加される方の持ち込みには特に縛りはないので、お酒でもお料理でもお菓子でも!何でもお持ち頂ければと思います(^^)

毎月、開催日が決まり次第facebookにて参加者を募ってますので、宜しければお時間ある際にチェックしてみてください♪

FU-TEN Instagram (@shibamatafuten)
https://www.instagram.com/shibamatafuten/?hl=ja

FU-TEN Twitter (@shubamataFU_TEN)
https://twitter.com/ShibamataFU_TEN

FU-TEN Facebookページ
https://www.facebook.com/shibamatafuten/

<< 1 2 >>